30代になったら保湿成分が含まれているものを選ぶ

30代になると、20代の肌とは違って保湿機能が衰えます。

 

ですから、子供の頃はクリームなど何も塗らなくてもしっとりしていた肌も、30代になるとかさかさしてくるのです。敏感肌の方は普通肌の方よりも乾燥が進みやすいですから、保湿対策は特に注意が必要です。

 

30代になるとどうして肌が乾燥するの?

20代の頃は乾燥に悩まされることなどなかったのに、急に30代になって肌が乾燥してきた、という方は多いです。その原因のうち最も大きいものは、体内に入った活性酸素です。

 

年齢とともに体内には活性酸素が増えて肌の細胞が酸化されます。
その結果、肌の保湿機能が衰えてしまうため、肌は水分を蓄えておけずに乾燥が進んでしまうのです。

 

ダブル洗顔不要クレンジングで肌の保湿が出来るの?

クレンジングは肌の汚れを取ることが目的だから保湿できない、と思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、クレンジングの中にも保湿成分が豊富に含まれているものがあります。ダブル洗顔不要クレンジングは成分が細かく、肌の奥まで成分が届きやすいのが特徴です。

 

洗浄成分と一緒に保湿成分が含まれているものも多く、クレンジングが終わった後に保湿成分が浸透します。そうすれば肌への浸透性は非常に高く、奥から肌が潤ってきます。

 

30代の敏感肌の方の肌は表面はベタベタしていても、中は乾燥していることもあります。
肌の機能が弱くなっている時にただ化粧水を塗るだけでは成分が表面にしか届かず、肌の改善にはつながりません。そんなときには、肌にやさしい保湿成分が入ったダブル洗顔不要クレンジングでやさしく洗いましょう。20代の頃の肌を取り戻すことができますよ。

関連ページ

UVケアが出来る成分が入っているものを選ぶ
UVケアのためには紫外線対策が必要です。ビタミンCが入ったダブル洗顔不要クレンジングを使い続ければ、肌の奥までビタミンCが届きますからUVケアができます。そうなれば30代以降の紫外線の影響をうけやすい肌も、トラブルを起こすことはありません。
肌のバリア機能を高められるクレンジングを選ぶ
ダブル洗顔不要クレンジングであれば、顔を触る回数が少なくなった分だけ肌のバリア機能は守られ、肌は強くなってトラブルを起こしにくくなります。肌に優しい成分で作られているならば肌トラブルの危険もなく、さらに肌のバリア機能は高くなります。
肌のターンオーバーを促す成分が入ったものを選ぶ
ダブル洗顔不要クレンジングの中には、保湿成分が含まれたものも多いです。クレンジングをしてきれいになった肌に保湿成分がじっくり浸透していきますので、乾燥していた肌も潤いを取り戻し、ターンオーバーも上手にできるようになります。
かゆみなど肌トラブルが起きないものを選ぶ
肌に優しく保湿効果が高い成分が入ったダブル洗顔不要クレンジングならば、トラブルを起こすことなく肌の奥まで水分を届けます。水分が届けば肌は潤いますから、肌の痒みはだんだんと治まってきます。
添加物が入っていないものを選ぶ
30代以降の乾燥しがちなハリのない肌も、植物成分など肌に優しい成分で作られたダブル洗顔不要クレンジングを使い続ければ、美しく生まれかわることができます。ダブル洗顔不要クレンジングを使うときは、添加物が入っていないかを確かめて使いましょう。