30代になったらUVケアが出来る成分が入っているものを選ぶ

人は一年中常に紫外線にさらされています。
外に出ないで家にいたとしても、またいつも日陰を歩くように気をつけていても、紫外線を避ける事はできません。30代をすぎれば、だんだんと紫外線による影響が出やすいので、毎日のスキンケアでUVケアは欠かしたら大変です。

 

30代をすぎると、どうして紫外線の影響が出やすくなるの?

20代までの肌は生まれ変わるまでの日も短いですから、肌に紫外線があたって影響が出たとしてもすぐに次の肌に生まれ変わることができ、トラブルが起きにくいです。
しかし、表に出なかったとしても、実は肌の奥で紫外線による活性酸素は蓄積されているのです

 

そのため、30代になると肌は生まれ変わるまでの時間が長くなり、長くなった分だけ肌は少しの刺激にも弱い状態になります。蓄積されていた活性酸素の影響も重なり、紫外線という刺激を受ければ30代の弱くなった肌はすぐにでも影響が出てしまいます。

 

ダブル洗顔不要クレンジングでUVケアは出来るの?

UVケアのためには紫外線対策が必要です。
ダブル洗顔不要クレンジングの中には美容成分が配合されているものも多いですが、その中でビタミンCが入っているものもあります。ビタミンCは新たなシミを作らないように予防出来るだけでなく、できてしまったシミにも効果がある成分です。

 

ですから、ビタミンCが入ったダブル洗顔不要クレンジングを使い続ければ、肌の奥までビタミンCが届きますからUVケアができます。そうなれば30代以降の紫外線の影響をうけやすい肌も、トラブルを起こすことはありません。

関連ページ

保湿成分が含まれているものを選ぶ
30代の敏感肌の方の肌は表面はベタベタしていても、中は乾燥していることもあります。肌にやさしい保湿成分が入ったダブル洗顔不要クレンジングでやさしく洗いましょう。
肌のバリア機能を高められるクレンジングを選ぶ
ダブル洗顔不要クレンジングであれば、顔を触る回数が少なくなった分だけ肌のバリア機能は守られ、肌は強くなってトラブルを起こしにくくなります。肌に優しい成分で作られているならば肌トラブルの危険もなく、さらに肌のバリア機能は高くなります。
肌のターンオーバーを促す成分が入ったものを選ぶ
ダブル洗顔不要クレンジングの中には、保湿成分が含まれたものも多いです。クレンジングをしてきれいになった肌に保湿成分がじっくり浸透していきますので、乾燥していた肌も潤いを取り戻し、ターンオーバーも上手にできるようになります。
かゆみなど肌トラブルが起きないものを選ぶ
肌に優しく保湿効果が高い成分が入ったダブル洗顔不要クレンジングならば、トラブルを起こすことなく肌の奥まで水分を届けます。水分が届けば肌は潤いますから、肌の痒みはだんだんと治まってきます。
添加物が入っていないものを選ぶ
30代以降の乾燥しがちなハリのない肌も、植物成分など肌に優しい成分で作られたダブル洗顔不要クレンジングを使い続ければ、美しく生まれかわることができます。ダブル洗顔不要クレンジングを使うときは、添加物が入っていないかを確かめて使いましょう。