敏感肌のクレンジングに必要なこと | 肌が乾燥しないこと

敏感肌の方の多くが肌の乾燥に悩みを持っています。クレンジングをするとどうしても肌の潤いが失われることから、肌がカサついてしまいます。敏感肌の方は肌が乾燥しないクレンジング方法を考えることが必要です。

 

20代の頃と同じクレンジングは使ってはいけない?

長く使ってきた化粧品だから、と年齢を重ねても同じ化粧品を使い続けている方も多いです。しかし、人間の肌は年齢によって状態が変化するのです。特に急激に肌が変化するのが20代から30代に変わる時です。

 

肌は新陳代謝が悪くなって水分を溜め込むことができなくなりますから、特にもともと肌が弱い敏感肌の方は、同じクレンジングを使っていると肌がカサカサしてしまいます。

敏感肌の方はどうして肌が乾燥するの?

敏感肌の方の肌が乾燥しがちなのは、水分を溜め込む力が弱いからです。普通肌の方は肌のバリア機能が働いていますから、肌の中の水分が蒸発しないように水分を溜め込むことができます。しかし、敏感肌の方は肌のバリア機能が崩れている状態です。

 

ですから水分をためておくことができないために、クレンジングをすれば必要以上に肌から水分が失われてカサつきの原因となります。敏感肌の方は肌の乾燥が進めば肌トラブルがひどくなるだけですから、普通肌の方よりも念入りに肌の水分補給に注意しなければいけません。

ダブル洗顔不要クレンジングならば肌の乾燥を防げるの?

どれだけ強い肌でも、洗顔とクレンジングを合わせて2回行えば、肌から水分が失われます。ですが、30代の敏感肌の方はもともと肌が乾燥しがちなのですから、ダブル洗顔を続けていたら肌の乾燥を広げるだけです。

 

そこに登場するのがダブル洗顔不要クレンジングです。ダブル洗顔不要クレンジングは、その名前のとおり、洗顔とクレンジングの二つの役目を持っています。これまでは2回洗っていたところを1回で済ませることができますから、肌の水分がそれだけ守られます。

 

さらに、ダブル洗顔不要クレンジングの中には、保湿成分が含まれたものもあります。クレンジングが終わってすっきりした肌に保湿成分が浸透していきますので保湿効果は非常に高く、使い続けているうちに30代の老化が始まった元気の無い肌もだんだん潤ってきます。

 

敏感肌の方でも安心して使える植物成分などで作られたダブル洗顔不要クレンジングもあります。トラブルなく水分を補充できるダブル洗顔不要クレンジングで毎日ケアを続けましょう。

関連ページ

肌トラブルを起こさず肌に優しいこと
大人ニキビや肌荒れなど、30代になると肌の悩みはつきません。20代の頃までは肌に悩みなどなかったのに、30代になると急に肌が敏感になってすぐにトラブルを起こすことがあります。不安定な肌には、肌に優しいクレンジングがのぞまれます。
エイジングケアも一緒に期待できること
30歳を超えると、肌の老化に気づき始め、にエイジングケアが気になってきます。敏感肌の方は効果はあっても強い成分の入ったものは使えませんが、クレンジングだけでなくエイジングケアも出来るダブル洗顔不要クレンジングなら肌の若さを取り戻すことができます。
汚れをしっかり落とせること
敏感肌は少しの刺激でも肌トラブルを起こすために、クレンジングは洗浄力が強い成分を使うわけにはいきません。かといって、クレンジングを適当にするわけには行きませんので、汚れをしっかり落としてくれるクレンジングが求められています。