敏感肌のクレンジング方法 | 泡の力でふんわり洗い上げる

クレンジングでメイクを取るときに肌にかなりの負担をかけます。30代を過ぎた敏感肌の方は特に、負担をかけないクレンジングを選ばなければ、クレンジングするたびに肌を傷めつけることになってしまいます。

 

そんなときにはダブル洗顔不要クレンジングを使って泡の力でふんわり洗い上げることが効果的です。

 

クレンジング剤は肌への負担が大きい?

肌を美しく保つためには、夜寝る前にしっかりとメイクを落とさなければいけません。しかし、メイクや汚れを落とそうとクレンジング剤や洗顔料を使ってゴシゴシ洗うことは肌への負担がかなり大きいです。普通肌の方でもかなり肌への負担があるのですが、少しの刺激にも弱い敏感肌の方は、クレンジング剤を肌にこすりつけると肌が刺激に負けてトラブルとなってしまいます。

泡の力だけでメイクや汚れを落とすことは出来るの?

クレンジングや洗顔料でしっかり洗わないとメイクや汚れは落とせないのでは、と不安になりますよね。しかし、泡の力だけでもメイクや汚れを落とすことはできます。

 

大きな泡では肌の表面にしか洗浄成分が届かないために肌の奥はメイクや汚れが詰まったままなのですが、細かい泡を立てることが出来るクレンジングならば、泡が毛穴の奥まで届きます。泡と一緒に汚れや皮脂を洗い流すことができれば、表面だけでなく肌の奥の汚れもなくなりすっきりしますよ。

ダブル洗顔不要クレンジングでふんわり洗うだけで肌はきれいになる?

ダブル洗顔不要クレンジングには炭酸や酵素など細かい泡の立つ成分で作られているものがあります。細かい泡は肌の表面だけでなく毛穴の奥まで入って汚れのもとに届きます。汚れの元まで届いた泡は汚れや皮脂を肌の表面に浮かせますますから、後は洗い流すだけです。

 

ふんわり泡を伸ばすだけでは汚れを落とすことができないのでは、と不安に思う方も多いですが、泡が自ら汚れを吸着して浮かせてくれますので、肌はきれいになるのです。気になって強い力で肌をこすっても肌がきれいになるわけではありません。こすった刺激で肌のバリア機能が崩れるだけですから気をつけてください。

 

敏感肌の方は普通肌の方よりも刺激に弱く年齢を重ねると肌は更に弱くなりますから、30代を超えたら肌のバリア機能を守るためにも肌に必要以上の刺激を与えてはいきません。

 

しかし敏感肌用のダブル洗顔不要クレンジングならば、成分も肌に優しい物ばかりですから安心です。肌をこすって負担をかけなくても、泡が汚れや皮脂をきれいに洗い流して美肌づくりに貢献してくれますよ。

関連ページ

時間を掛けて洗わない
敏感肌の方は肌のバリア機能が弱いため、時間をかけてクレンジングをすればするだけ肌から大事な水分や油分までもが失われていきます。時間をかけて洗わなくても肌をきれいにするためには、ダブル洗顔不要クレンジングに頼りましょう。
クレンジングで失われた水分などをすぐ補充する
クレンジングをするときは、どうしてもメイクや汚れ、皮脂などと一緒に肌にとって必要な水分や油分も一緒に取れてしまいます。そんなときに助かるのが美容成分の入ったダブル洗顔不要クレンジングの存在です。