肌に触れるのを一回だけですませられる

美肌を守りたければ何度も顔を手で触ってはいけません。
手で触れば触るほど、その刺激で肌は弱くなってトラブルを起こしやすくなるのです。
敏感肌の方は特に刺激に弱いですから、なるべく肌に触れない方法を考える必要があります。

 

ダブル洗顔は肌にどれぐらいの刺激になっているの?

普通のクレンジング剤ではそれだけでお化粧や汚れを取り切ることができず、きれいにするためには洗顔料も使わなければいけません。
しかし、敏感肌の方は特に2度顔をマッサージするなどしてケアをするとかなりの刺激になります。

 

ダブル洗顔をすることで肌が必要としている水分がなくなってしまいますし、肌のバリア機能も崩れます。
バリア機能が崩れると肌は外からの異物を防ぐことができませんから、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまいます。

 

ダブル洗顔不要クレンジングを使えば本当にダブル洗顔はしなくていい?

今までダブル洗顔をしていた方は、本当に洗顔料が必要ないか、気になりますよね。
しかし、ダブル洗顔不要クレンジングならば、洗浄成分に工夫してありますから、洗浄力に優れています。

 

ダブル洗顔をしなくても、きれいに汚れやお化粧を落とすことができます。

 

ダブル洗顔不要クレンジングの中には、保湿成分など美容成分を含んだものも多いです。
汚れが落ちてきれいになった肌に美容成分が入り込んで美肌を作ります。

 

ですが、ダブル洗顔不要クレンジングの後に洗顔料を使ってしまうと、浸透しようとした美容成分まで取ってしまうことになります。
ダブル洗顔不要クレンジングを信じて、ダブル洗顔するのはやめましょう。

関連ページ

肌をこすらなくてもきれいに落とせる
クレンジングをするときになかなか汚れやお化粧が落ちないと、力を入れてこすって落とそうとしてしまいます。しかし肌をこするということは肌を痛めつけることにつながります。肌を痛めつけないよう、こすらなくてもきれいに落とせるクレンジングが必要です。
保湿成分など美容成分が入っている
クレンジングを使えば、クレンジングを洗い流すときに肌の水分や油分なども一緒に流されます。水分を失った肌は少しの刺激にも弱くなって、肌トラブルを起こしやすくなってしまいますから、肌が乾燥していることも多い敏感肌の方は特に保湿対策が必要です。
お化粧のりがよいので、何度もお化粧直ししなくてすむ
ダブル洗顔不要クレンジングは洗顔料を使う必要が無いですし、クレンジングも洗浄成分も肌に優しいもので作られています。肌に刺激のある成分が入っていないのであれば、肌も傷つくことはなく健康な状態を保てるためにお化粧のりも良くなります。