肌をこすらなくてもきれいに落とせる

クレンジングをするときになかなか汚れやお化粧が落ちないと、力を入れてこすって落とそうとしてしまいます。
しかし肌をこするということは肌を痛めつけることにつながります。
肌を痛めつけないよう、こすらなくてもきれいに落とせるクレンジングが必要です。

 

肌をこすってクレンジングを続けると肌はどうなってしまう?

肌をこするとその摩擦力で肌を守る角質層が崩されます。
角質層が崩れれば肌は水分を蓄えることもできなくなりますので、肌はかさかさした乾燥肌に変わります。

 

敏感肌の方は元々少しの刺激でも肌トラブルを起こしてしまいますから、こすってクレンジングを続けていれば肌荒れが進んで大変なことになってしまいます。

 

ダブル洗顔不要クレンジングを使えば肌をこする必要はないの?

ダブル洗顔不要クレンジングは成分が非常に細かいですから、こすらなくてもやさしくマッサージするだけで肌の毛穴の奥まで洗浄成分が届きます。
洗浄成分は汚れや皮脂、お化粧を吸着させて浮かせますから、後は洗い流すだけですっかりきれいにすることができます。

 

汚れや皮脂だけでなく、普通のクレンジングではなかなか落としきれないマスカラや口紅なども、ダブル洗顔不要クレンジングを使えばするっときれいに落とすことができます。

 

洗いすぎると肌への負担が増えるだけです。
こすらなくても十分に汚れやお化粧を取ることができて、美肌効果もあるダブル洗顔不要クレンジングを使えば、敏感肌の方も気持ちよく使えますし、肌の状態を改善させられます。

関連ページ

肌に触れるのを一回だけですませられる
美肌を守りたければ何度も顔を手で触ってはいけません。手で触れば触るほど、その刺激で肌は弱くなってトラブルを起こしやすくなるのです。敏感肌の方は特に刺激に弱いですから、なるべく肌に触れない方法を考える必要があります。
保湿成分など美容成分が入っている
クレンジングを使えば、クレンジングを洗い流すときに肌の水分や油分なども一緒に流されます。水分を失った肌は少しの刺激にも弱くなって、肌トラブルを起こしやすくなってしまいますから、肌が乾燥していることも多い敏感肌の方は特に保湿対策が必要です。
お化粧のりがよいので、何度もお化粧直ししなくてすむ
ダブル洗顔不要クレンジングは洗顔料を使う必要が無いですし、クレンジングも洗浄成分も肌に優しいもので作られています。肌に刺激のある成分が入っていないのであれば、肌も傷つくことはなく健康な状態を保てるためにお化粧のりも良くなります。