敏感肌の方に使ってほしいクレンジングの特徴は? 記事一覧

敏感肌の方は、クレンジングを使ったあとに化粧水をつけると肌がしみることがあります。化粧の後はクレンジングをすることが必要なのですが、肌に悪い影響を及ぼすものを使い続けるわけにはいきません。クレンジングを選ぶときは肌に刺激がないものを選ぶべきです。化粧水が肌にしみるときの肌の状態は?化粧水をつけると肌にしみるのは、肌が荒れて炎症を起こしている状態にあります。敏感肌の方は普通肌の方よりも肌が刺激に弱い...

赤ちゃんの頃は水分がたっぷり含まれていてぷるぷるの潤っていた肌も、年齢とともにだんだんと水分量を失います。30代を超えるころは20代のころと比べて肌の水分量ががくっと急激に減るときですから注意が必要です。敏感肌の方は普通肌の方よりも肌が乾燥しがちですから、肌を健康に保つためには肌の水分量を失わないよう、守らなければいけません。洗顔やクレンジングは肌の水分量を失わせる?肌の皮脂や汚れ、化粧品を落とす...

食べ物でも添加物が入っていないもののほうが健康によいですが、添加物が入っていて良くないのは肌も同じです。クレンジングにも泡立ちを良くするなどの理由で添加物が入っているものがいくつもあります。普通肌の方にとっては問題がなくても、敏感肌にとっては添加物は危険ですから注意しましょう。添加物が入ったクレンジングを使い続けると肌はどうなる?クレンジングを一日使うだけで添加物の副作用が出るわけではないですが、...

肌は何度も触るとその分だけ負担となります。クレンジングや洗顔をする時は汚れを落としてさっぱりすることが必要なのですが、いつまでも長い時間を掛けて洗ってはいけません。クレンジングは短時間で終わらせて肌の負担をなるべく少なくしてあげましょう。二度洗いは肌に負担になるの?いくら肌にやさしいクレンジングと洗顔料を使っていても、一度洗いと二度洗いとでは肌への負担が違います。こすり洗いをしなかったとしても、い...

敏感肌の方はクレンジングや洗顔をすることで肌を痛めつけやすいです。汚れやお化粧を取ろうと思ってクレンジングをすると、汚れは落とせたとしても肌が傷ついて肌荒れを起こしてしまうのです。肌を傷つけずに汚れだけを落とすクレンジングを使わないと、肌を健康に保つことはできません。敏感肌の方の角質層はどんな状態なの?健康な肌の角質層を調べてみますと、規則的な層がつながっていて隙間のない状態です。しかし、敏感肌の...

肌は生まれ変わりを繰り返すことで調子を整えますが、上手に生まれ変わることができないと肌の調子は崩れて刺激に弱くなります。敏感肌を改善するためには、肌が上手に生まれ変われるように調子を整えてあげなくてはいけません。そのためには、血行を良くして肌を元気にしてあげることが必要です。肌が生まれ変わる周期とは?肌が生まれ変わる周期は年齢で異なります。子供の頃は特に何のケアをしなくても肌の調子が崩れることは少...