短時間できれいに汚れが落とせる

肌は何度も触るとその分だけ負担となります。
クレンジングや洗顔をする時は汚れを落としてさっぱりすることが必要なのですが、いつまでも長い時間を掛けて洗ってはいけません。
クレンジングは短時間で終わらせて肌の負担をなるべく少なくしてあげましょう。

 

二度洗いは肌に負担になるの?

いくら肌にやさしいクレンジングと洗顔料を使っていても、一度洗いと二度洗いとでは肌への負担が違います。こすり洗いをしなかったとしても、いつまでも顔を触り続けていれば肌が弱ってしまいます。

 

クレンジングを頑張り過ぎると肌が弱くなるだけでなく必要としている水分や油分までもが一緒に失われてしまいます。肌をかさかささせないためには二度洗いをしないことがおすすめです。

 

ダブル洗顔不要クレンジングは短時間で洗える?

ダブル洗顔不要なのですからもちろん一度しか洗わない分だけ時間短縮になるのですが、ダブル洗顔不要クレンジングの良さはそれだけではありません。

 

ダブル洗顔不要クレンジングの成分を調べてみますと、成分が細かくて肌の奥まで浸透し、汚れなどを吸着して取る働きがあることがわかります。
やさしくマッサージをするだけで、すぐに汚れや皮脂などが浮いてくるのです。

 

後は洗い流すだけの簡単ケアですから洗い残しがあって二度洗いする手間もありませんし、肌への負担も少ないです。

 

敏感肌の方は、普通肌の方よりも肌への負担を減らさなければいけません。
ダブル洗顔不要クレンジングを使ってやさしく洗い、肌の汚れを短時間でさっぱり取り去りましょう。

関連ページ

肌への刺激が少ない
ダブル洗顔不要クレンジングは、植物成分など肌に優しい成分で作られたものが多いですから肌への刺激は少なく肌を痛めつけることもありません。二度洗いして肌を痛めつけることもありませんから、敏感肌の方にこそ使っていただきたいクレンジングです。
肌を乾燥から守る成分が入っている
ダブル洗顔不要クレンジングならば洗顔料を使いませんから、二度洗いしない分だけ肌から水分が失われずにすみます。使い続ければ、少し筒肌の水分量が増えていきますから、カサカサしていた肌もだんだんと潤い肌に変わっていきます。
添加物が入っていない
食べ物でも添加物が入っていないもののほうが健康によいですが、添加物が入っていて良くないのは肌も同じです。普通肌の方にとっては問題がなくても、敏感肌にとっては添加物は危険ですから注意しましょう。
肌の角質層を傷つけずに汚れだけを落とす
ダブル洗顔不要クレンジングならば、洗浄成分が非常に細かく汚れだけを浮かして取ります。ですから、角質層に余計な刺激を与えることなく、汚れや化粧品だけを取り去ることが出来るのです。
炭酸の泡で血行を促進する
ダブル洗顔不要クレンジングの中には炭酸の泡を用いたものがあります。炭酸の泡の力は適度な刺激で肌本来の力を呼び起こしてくれますから、敏感肌の方が使えば血行が良くなってだんだんと肌が健康的なものに生まれ変わります。